2016年12月1週目トレード振り返り



おはようございます、びびりさんです。

本題に入る前に業務連絡!昨日、トレーダートークバトルの件でメールいただきました、ストラテジーさん、メールのお返事をしたいのですが、宛先不明エラーで戻ってきてしまっております。メールの再送、もしくはフェイスブックでもう一度ご連絡お願いしますm(_ _)m

2016年12月1週目トレード振り返り

雇用統計も終わりましたので、1週間のトレード振り返りをしたいと思います。

結果:ノートレ。
書き込む印もナイ・・・

2016%e5%b9%b412%e6%9c%881%e9%80%b1%e7%9b%ae%e3%83%89%e3%83%ab%e5%86%861%e6%99%82%e9%96%93%e8%b6%b3

出来上がったチャートを振り返ってみても、入りたいと思うポイントが見当たらない。あえていうなら、11/29火は日処理前に落ないで欲しかった。この下落をとりたかったわ!私が入るまで、相場様、待ってよーー!!

というわけで、オフザケチャットで憂さ晴らししてました。
(どんなチャットだったかは、こちら→キムタクとホリと私

11/29火に、1時間足に逆張りでLできればいいけども、リアルタイムで見れない時間帯(幼稚園の送迎タイム)で、指値で出せるラインもないし、とれなくても仕方ないかと諦めました。11/30水も同じく、ロングできるラインナシ。

振り返っても、私がエントリーしたいと思うチャンスポイントゼロ。キタ――(゚∀゚)――!!が来ない。かれこれ数ヶ月ない。

取れない日々が続いて焦ってる。でも、その焦りの原因はなんだ???

昨日、トレーダーズトークバトルやりました。(詳しくは来週記事にします!お楽しみに!)

で、私、正直に、『取れない日々が続いてる。チャンスがあまりにも長い間来なくて、焦ってる。』と打ち明けました。そこで、3姉妹ママトレーダーのわかさんに言われて、ハっとしたこと。

スポンサードリンク

わかさん
『私も見送りばっかだよ。11月は入りたいと思うチャンスは来なかった。チャンスが来なかったから入らなかった。私、ようやく、最近、自分の理想のトレードになってきたって思うよ。見送った時に、無理やり入らなきゃって焦ることがなくなってきたから。』

見送りって、エントリーチャンスを逃してる気がして、焦る気持ちになります。エントリーしなきゃ、損もしないけど利益もないですから。

わかさんの場合、
前提が『エントリーしたい!』で、
私の場合、
前提が『エントリーしたくない』なんで、
ちょっと気持ちが違うんですけども。

ただ、理想とするスタイルは同じです。
・家族のための時間は譲れない
・チャンスの時に、しっかり入って取りたい。
・チャンスじゃない時は、清々しくスパっと見送りたい。

だから、トレード時間はやっぱり朝だけじゃないとしんどい。朝以外は、リアルに動くチャートは見たくない。(でも、検証のために過去チャート見るのは大好きです。)ヒヤヒヤするトレードはしたくない。これが理想です。

って思うと・・・今の私って、理想のトレードにめっちゃ近づいてるやん!と気がつきました。

チャンスじゃないと思った日に
無理やり入ることは一切してない。
すごいやん、私!!

ただ、ちょいちょいやってしまってるのは、『チャンスの時に、躊躇してしまってること』です。なんせ、基本的にできるだけエントリーしたくない、びびりさんだからね・・・

これをクリアしたら、私は、『数年前になりたいと心底願った理想のトレード』ができるようになったってことです。

ちゃんと一歩ずつ前に進んでるのに、
私は何を焦ってたんやろうか・・・
この焦り、偽物や。
偽物に騙されとったわ。

うん、あとは『チャンスの時に、オリャー!と全力投球でエントリーすること』だけやな。チャンスを見逃さないためには、やっぱり検証あるのみ!!

というわけで、読者のみなさまも、焦る気持ちが湧いて出たときは、その焦る原因はなにか、私はどうしたかったのか、一度しっかり考えてみてください。焦る理由もないのに焦ってしまっていた私と、同じかもしれません。その焦り、偽物かもしれません。

今まで、ココにブログ村と人気ブログランキングのボタンがありましたが、テンプレートを見直したら、目障りに感じたので、外します。PCから見てる方は右サイドバー、スマホから見てる方には下の方にボタンがありますので、サイドバーから応援お願いしますm(_ _)m

スポンサードリンク

月額制でFXを学ぶオンラインサロン



トレードの振り返りをシェアしあっています。


びびりさんのFX初心者を卒業するための5日間講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA