私の早朝(朝だけ)FXトレード手法公開-初心者でもわかるシンプルなチャートの見方

 
おはようございます、びびりです。今日は、私のトレード手法について、書いてみたいと思います。
 
 
これ書くとねー、めっちゃみんな見に来るんですよ。みんな「勝てる手法さえ知ったら稼げる」って思ってるっしょ?だから先に言っとくよ。
 
 

手法なんて、なんでもいいYO!
 
 

手法なんて、なんでもいいんだけども、なんもなさすぎてもわけがわからんと思うので、初心者にでもわかるよう、シンプルな土台部分だけ説明します。
 
 

私のFXトレード手法の条件

 
前提として、私のFXトレード手法は、以下の条件で使っています。

・トレード時間は早朝(朝だけ)
 日処理(夏は朝6時、冬は朝7時)終了後~9時か10時くらいまで
 
・取引通貨:ドル円だけ
 
・損切り-7pips程度、利確+35~+50pips程度、+100pipsの分割決済
 
損切りはスキャル、利確はデイトレのイメージです。
 
注意
トレードは、エントリーしてから決済までかかる時間によって、以下の3つに分けられています。
 
・スキャル=数秒~数分と、とても短時間で決済する
・デイトレ=その日(数時間程度)で決済する
・スイング=数日~数か月と長期間で決済する
 
トレードの難易度が最も高いのはスキャルです。
 
初心者の方は、スキャルが一番簡単にサクっと稼げると思っておられる方が、とても多いです。でも、実は一番難しいです。
 
 

ドル円のFXトレード:NY市場のチャートの方向(トレンド)を見る

 
 
為替の市場は、24時間あいてますが、大きく分けて、3つの市場があります。
 
 
東京市場:9時から15時
欧州市場:15時から真夜中の0時(冬の場合は1時間遅くなる)
NY市場:21時から朝6時(冬の場合は1時間遅くなる)
 
 
で、私の場合は東京市場が始まる前の朝の時間帯に入ります。なので、私の取引前にチャートがどっちの方向に動いたのかを見るとなると、NY市場のチャートを見ることになります。
 
 
で、チャートの見方は色々あって、テクニカル分析の方法もいっぱいあるんですが、私はシンプルに始値と終値を比べてどっちが上にあるか?下にあるか?です。
 
 

NY市場の始値 < NY市場の終値
⇒チャートは上方向を向いている。
 
NY市場の始値 > NY市場の終値
⇒チャートは下方向を向いている。
 
NY市場の始値 ≒ NY市場の終値
⇒チャートは横方向を向いていると判断します。

 
 
これが基本です。これが土台です。
 
 
「1時間足のダウ理論」と同じです、たぶん。
(「たぶん」がつくんかーい!!(*´∀`*))
 
 
具体的なチャートの事例:NYが上の日
 

 
 
具体的なチャートの事例:NYが下の日
 

 
 
具体的なチャートの事例:NYが横(レンジ)の日
 

 
 

エントリーライン:NY半値・東京市場の高値安値・1時間足でパッと目につく抵抗

 
 
エントリーするのは、NY半値・東京市場の高値安値・1時間足でパッと目につく抵抗あたりです。基本的に指値で待ちます。でも、チャートを開いた瞬間に、もう入りたい値付近にいたら、成行きでも入ります。
 
 
毎日エントリーするわけじゃなく、パターン化していて、こういう日は入ると決めています。このパターンは、日々の振り返りで調整していく部分です。パターンに該当しなければ、見送ります。
 
 
どのラインで入るかは、チャートをみて判断します。1時間足のチャートを見て、パッと見で、「ここらへんから落ちたら、チャートがキレイ」と思うラインを選んでます。
 
 
チャートを見てきれいだと思うかどうかって、経験値の部分が大きいと思います。私は検証しまくったら、目に入ってくるようになりました。
 
 
この経験値を積み重ねるためには、おそらくダウ理論が必要になると思います。ご参考まで。
 

FX初心者もダウ理論を勉強しよう【FX初心者講座】ダウ理論ーテクニカル分析の元祖!上か下か真ん中か? <Q&A>ダウ理論がわかりません!トレンドなのかレンジなのか、方向性はどうやって決めてるんですか?

 

参考:マイ師匠(早朝の女神)のFX手法について

 
 
私の手法を公開するにあたって、今のトレード手法を作り上げるに至った、マイ師匠を紹介せずにはいられません。
 
 
とあるご縁で出会った、早朝の女神、かずみちゃん。この人がいなかったら、私の今のトレード手法はなかったと思います。
 
 
というか、「本当に朝だけで、月利10%なんてできるのか?」と、そもそも実現できないんじゃないかと疑心暗鬼になって、トレード時間を朝だけに絞る覚悟もできなかったと思う。その覚悟がなければ、今はない!!
 
 
そんなかずみちゃんの手法はこれ!!
かずみちゃんの手法ードル円の朝トレード用
 
 
え?なに、そのポカーンとした顔。( ゚д゚)
 
 
数字がたくさん並んでて、意味わからんって顔してますね?かずみちゃんの手法、意味わからんって思ってますでしょ?あの数字だけみても、そりゃそうだ。
 
 

かずみちゃんの手法の根幹は、NY市場が上に向いてたら、買う。NY市場が下に向いてたら、売る。

 
 
その、上OR下を、感覚ではなく、数字で区別してきたのが、かずみちゃんのすごいとこなんです!
 
 
過去チャートを検証しまくって、勝ちやすいチャートの形ってなんだ?を探して絞りに絞った結果、あの数字のパターンがあるってことなんです。
 
 
NY市場の始値-終値の計算をして、勝率がいいパターンを探して、エントリーするチャートの形をパターン化することを、最初に考えて形にしてきた人です。
 
 

FX手法は、勝率よりも損小利大そんしょうりだいにすることが大事!

 
 
私の勝率は3~4割です。調子が良い時もあれば、悪い時もあります。コツコツ負けてドカンと勝つスタイルです。
 
 
これが難しいんです。言うのは簡単ですけど、慣れるまでは難しいと思います。
 
 
ただ、一つ、経験者だからこそ言います。
 
 
勝率が高いトレード手法は、一度の負けがメンタルに大きく影響しがちです。
 
 
勝率が8割とかの手法だと、2連敗3連敗とかされると、焦りませんか?動揺しませんか?次こそ勝たなきゃって肩に力が入りませんか?
 
 
トレードに絶対はないです。損切りのないトレードは存在しません。だからこそ、「損切りを許容できるトレード手法」にしとくことって、大事だと思います。
 
 
それは、つまり、「損小利大」です。これしかないっす!
 
 



2 Comments

和〜のどか〜

はじめまして、のどかと申します。
面白いfxブログ探しをしてウロウロしてたらたどりつきました(^^)
「自分でやれ!」のくだりに激しく同感してしまい、ついついコメントです。
自分で後ろ盾作らないと、どんなにすごい人が「大丈夫☆」って言ってても超不安になりますよね。
結局、自分で後ろ盾と道をしっかり作っていくから安心して歩いていけるんだなってことに今年に入って気がつきました( ^ ^; )
また遊びに来ます♪

返信する
びびりさん

のどかさん
初めまして!訪問&コメントありがとうございますm(_ _)m
自分でやれ!の件に激しく同意、ありがとうございますm(_ _)mたぶん、手法はなんでもいいんですよね。やり抜けるかどうかのほうが問題で。かくいう私も、フラフラしてることもありますし。
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA